PMF 2019

2019.7.6 - 8.2
Highlights

コンサートスケジュール

PMF2019
2019.7.6 - 8.2 Highlights

コンサートスケジュール ※日程、コンサートの名称等は変更になる場合があります。

7月

4(木) PMF2019プレ公演
PMFウィーン演奏会
札幌コンサートホール Kitara(小ホール)
6(土) PMF30回記念オープニング・コンサート 札幌芸術の森・野外ステージ
9(火) PMFホストシティ・オーケストラ演奏会 札幌コンサートホール Kitara
10(水) PMFウィーン演奏会 札幌コンサートホール Kitara(小ホール)
11(木) PMFベルリン演奏会 札幌コンサートホール Kitara(小ホール)
12(金) PMFベルリン演奏会 札幌コンサートホール Kitara(小ホール)
13(土) ピクニックコンサート 札幌芸術の森・野外ステージ
14(日) PMF GALAコンサート 札幌コンサートホール Kitara
15(月祝) PMFオーケストラ苫小牧公演 苫小牧市民会館
16(火) PMFヨーロッパ・アンサンブル函館公演 函館市芸術ホール
20(土) PMFプレミアム・コンサート 札幌コンサートホール Kitara
21(日) PMFプレミアム・コンサート 札幌コンサートホール Kitara
23(火) PMFリンクアップ・コンサート 札幌コンサートホール Kitara
PMFアンサンブル江別公演 えぽあホール(江別市)
24(水) PMFアメリカ幕別公演 幕別町百年記念ホール
25(木) PMFアンサンブル清田区公演 札幌市清田区民センター
PMFアンサンブル奈井江公演 奈井江町文化ホール
28(日) PMF hitaru スペシャル・コンサート 札幌文化芸術劇場hitaru
29(月) PMFアメリカ演奏会 札幌コンサートホール Kitara(小ホール)
31(水) PMFオーケストラ演奏会 札幌コンサートホール Kitara

8月

1(木) PMFオーケストラ東京公演 サントリーホール
2(金) PMFオーケストラ川崎公演 ミューザ川崎シンフォニーホール
close
総勢数百人の出演者が奏でる壮大な交響曲!

PMF2019
2019.7.6 - 8.2 Highlights

PMF2009より(マーラー:交響曲第2番)

総勢数百人の出演者が奏でる壮大な交響曲!

PMFプレミアム・コンサート

Date

7月20日(土) 札幌コンサートホール Kitara
7月21日(日) 札幌コンサートホール Kitara

Program

マーラー:交響曲 第8番 変ホ長調

PMFでは、これまでにも10回ごとの節目に、記念オーケストラを編成しています。第10回(1999年)ではPMF IO(インターナショナル・オーケストラ)、第20回(2009年)ではPMF AO(アニバーサリー・オーケストラ)、そして第30回となる今年はPMFプレミアム・オーケストラが記念の年を彩ります。指揮には、PMF AO以来10年ぶりに第3代芸術監督クリストフ・エッシェンバッハが登場。PMFオーケストラに加え、PMFアメリカの教授陣、そしてベルリン・フィルをはじめ世界各地のオーケストラや札幌交響楽団で活躍する15人のPMF修了生を交えた約130人の「夢のオーケストラ」が、PMFでは初演奏となるマーラーの大曲、交響曲第8番を演奏します。またこの日のために、地元札幌で活躍する合唱愛好家が集結しプレミアム合唱団を編成するなど、総勢数百人の出演者が一体となり壮大な交響曲を奏でます。この公演は、PMFにとって記念碑的な公演となるに違いありません。

クリストフ・エッシェンバッハ ©LucaPiva
close
"バーンスタイン最後の弟子"が29年ぶりに再来!

PMF2019
2019.7.6 - 8.2 Highlights

PMF1990より

"バーンスタイン最後の弟子"が29年ぶりに再来!

PMF オーケストラ演奏会

Date

7月13日(土) ピクニックコンサート
(札幌芸術の森・野外ステージ)
7月14日(日) PMF GALAコンサート
(札幌コンサートホール Kitara
7月15日(月祝) PMFオーケストラ苫小牧公演
(苫小牧市民会館)

Program

J. アダムス:ショート・ライド・イン・ア・ファスト・マシン

チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品35*

プロコフィエフ:古典交響曲 ニ長調 作品25

R.シュトラウス:組曲「ばらの騎士」 作品59**

1990年、バーンスタインは何人かの弟子と共に札幌の地に降り立ちました。その中の一人、マリン・オルソップは、バーンスタインが唯一PMFオーケストラを指揮した伝説的公演で、佐渡裕とともに前半のプログラムを指揮し、その才能が話題となりました。あれから29年。世界中のオーケストラとの共演を重ね円熟の域に達したマエストロが、ふたたび訪れるPMFでどのような音楽を聴かせてくれるか...これは必聴です!メインプログラムの組曲「ばらの騎士」は、20世紀に作られたオペラの中でもおそらく最高の人気と上演回数を誇るR. シュトラウスの名曲からの抜粋で、オルソップが得意とするレパートリーのひとつ。そしてソリストには、メニューイン青少年国際ヴァイオリンコンクールジュニア部門を史上最年少で優勝して以来、国内外で最も注目されている若手アーティストのひとり、郷古廉がPMFに初登場。揺るぎないテクニックと歌心には定評があります。8月には札幌交響楽団との共演も予定されています!

マリン・オルソップ ©Grant Leighton
郷古 廉 ©Hisao Suzuki
close
満を持して芸術監督ゲルギエフ登場!

PMF2019
2019.7.6 - 8.2 Highlights

満を持して芸術監督ゲルギエフ登場!

PMFオーケストラ演奏会

Date

7月31日(水)* 札幌コンサートホール Kitara
8月1日(木) サントリーホール
8月2日(金) ミューザ川崎シンフォニーホール

Artists

ワレリー・ゲルギエフ(指揮)

第16回チャイコフスキー国際コンクール・木管楽器部門優勝者

PMFアメリカ *

PMFオーケストラ

Program

ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲

ショスタコーヴィチ:交響曲 第4番 ハ短調 作品43*

ほか

PMF第6代芸術監督に就任して5年、ワレリー・ゲルギエフは、その圧倒的なカリスマ性と牽引力で、これまでにも私たちに多くの驚きを与えてくれました。今回、新たな世界を見出してほしいという願いを込めアカデミー生に課したのは、ショスタコーヴィチの交響曲第4番。ゲルギエフ自身「100%の集中力が必要とされる厳しい作品」と語る難曲です。そしてもう一つ注目すべきは、6月に行われるチャイコフスキー国際コンクールに新設される木管・金管楽器部門の覇者をソリストとして迎えるという試みです。ヴェンゲーロフ、キーシン、レーピンらの日本初演に携わるなど、一流のソリストとなる若い才能を数多く見出してきたゲルギエフならではのアイデアといえるでしょう。話題満載の最終プログラム...今年のPMFも最後まで聴き逃せません!

close
ベルリン・フィルの名手たちと札響が夢の共演!

PMF2019
2019.7.6 - 8.2 Highlights

©Yasuo Fujii

ベルリン・フィルの名手たちと札響が夢の共演!

PMFホストシティ・オーケストラ
演奏会

Date

7月9日(火) 札幌コンサートホール Kitara

Program

ドヴォルザーク:序曲「謝肉祭」作品92

モーツァルト:協奏交響曲 ホ長調 K. 297b*

ブルックナー:交響曲 第6番 イ長調

ベルリン・フィルなどのソロ・ホルン奏者を歴任し、近年では指揮者としての活躍も目覚ましいラデク・バボラークが札幌交響楽団と邂逅。指揮者としては初の共演となります。モーツァルトの協奏交響曲では、自らソリストとしても演奏する「吹き振り」を披露するほか、共にソリストをつとめる「PMFベルリン(ベルリン・フィルのメンバーで構成)」との息の合ったアンサンブルにも注目です。メインプログラムであるブルックナーの交響曲第6番は、明るさ・厳かさ・力強さといったさまざま要素が交錯する中期の傑作。札響のブルックナーは「しなやかさと豊かな抒情が持ち味」との評もあります。バボラークとどのような響きを聴かせてくれるのか、期待が高まります!

ラデク・バボラーク
アンドレアス・ヴィットマン
アレクサンダー・バーダー
シュテファン・シュヴァイゲルト
close

COMING SOON

COMING SOON

COMING SOON