ノヴォシビルスク特別音楽学校でナジェージダ・フレンコヴァに師事。その後、ハノーファー音楽演劇大学、続いてミュンヘン音楽演劇大学でアンドレア・リーバークネヒトに師事。
国際フリードリッヒ・クーラウフルート・コンクール(ドイツ2013)で優勝、ドイツ国内音楽大学コンクール(2012)第2位、アイオロス国際管楽器コンクール(デュッセルドルフ2017)では第2位(最上位)と聴衆賞を受賞。
グスタフ・マーラー・ユーゲント管弦楽団、シュレスヴィヒ・ホルシュタイン音楽祭オーケストラのソロ・フルート奏者を経て、チューリッヒ・トーンハレ・オーケストラの副首席奏者に就任。ソリストとしては、マリインスキー・オーケストラ、デュッセルドルフ交響楽団など多くのオーケストラと共演している。
第16回チャイコフスキー国際コンクールに同コンクール史上初めて創設された木管部門で優勝。PMFには初めての参加。