PMFアカデミーの指導にあたるアメリカのメジャー・オーケストラで活躍するコンサートマスターや首席奏者たち。各楽器の名手たちは、アカデミー生の指導の傍ら札幌市内、北海道内で室内楽の演奏会を披露している。アカデミー生が目標とするアーティストであり、教授陣から直接指導を受け、高い技術と豊富な経験を受け継ぐことは、プロフェッショナルの音楽家をめざすアカデミー生にかけがえのない生涯の経験となっている。アカデミー生がPMFに参加する毎年7月の約1ヵ月の中で、後半は、フィラデルフィア管弦楽団、シカゴ交響楽団をはじめとする教授陣で構成する「PMFアメリカ」がアカデミー生の指導にあたる。

ヌリット・バー・ジョセフ(ヴァイオリン)/ワシントン・ナショナル交響楽団
スティーヴン・ローズ(ヴァイオリン)/クリーヴランド管弦楽団
ダニエル・フォスター(ヴィオラ)/ワシントン・ナショナル交響楽団
ラファエル・フィゲロア(チェロ)/メトロポリタン歌劇場管弦楽団
アレクサンダー・ハンナ(コントラバス)/シカゴ交響楽団
デニス・ブリアコフ(フルート)/ロサンゼルス・フィルハーモニック
ドワイト・パリー(オーボエ)/シンシナティ交響楽団
スティーヴン・ウィリアムソン(クラリネット)/シカゴ交響楽団
ダニエル・マツカワ(ファゴット)/フィラデルフィア管弦楽団
・調整中(ホルン)
マーク J. イノウエ(トランペット)/サンフランシスコ交響楽団
ティモシー・ヒギンズ(トロンボーン)/サンフランシスコ交響楽団
ジョゼフ・ペレイラ(ティンパニ)/ロサンゼルス・フィルハーモニック