HOME > スケジュール > ホール(リサイタル・室内楽) > 【中止】PMF時計台コンサート

お気に入りに追加

お気に入りに
追加しました

印刷

ホール(リサイタル・室内楽)
【中止】PMF時計台コンサート

PMF2021のスタッフ1名が、新型コロナウイルス感染症に感染したことが判明し、演奏会の開催が困難な状況となりました。
本公演は、中止させていただきます。

  

PMF時計台コンサートのチケットは完売となりました。当日券の販売はございませんので、あらかじめご了承ください。

開催日

2021年7月29日(木)

時間

開演 19:00 / 開場 18:30

出演者

PMFオーケストラJAPANメンバー


演奏曲目

◆ボッケリーニ(ヴァンデンブロク編):
木管四重奏曲 ハ長調 G. 262 No. 1 

(演奏時間:約15分)
 Allegro vivace assai
 Adagio non tanto
 Presto assai

安藤幸子(フルート)
井上朋実(クラリネット)
洞谷美妃(ファゴット)
久保田真優(ホルン)
 
◆ベートーヴェン:
フルート、ヴァイオリン、ヴィオラのためのセレナード ニ長調 作品25

(演奏時間:約25分)
視聴できます
 Entrata, Allegro
 Tempo ordinario d'un Menuetto
 Allegro molto
 Andante con Variazioni
 Allegro scherzando e vivace
 Adagio – Allegro vivace e disinvolto

冨樫咲菜(フルート)
古口絵理(ヴァイオリン)
滝本沙代(ヴィオラ/PMF2008, 09 修了生)
 
◆ブリテン:
幻想四重奏曲 作品2

(演奏時間:約13分)
高橋鐘汰(オーボエ)
野村建太(ヴァイオリン)
デイヴィッド・メイソン(ヴィオラ/PMF2012, 13, 14 修了生)
牟田口遙香(チェロ)
 
 
≪演奏時間:休憩なし・約1時間≫


入場料
(税込)

チケットは完売となりました。当日券の販売はございませんので、あらかじめご了承ください。
 
自由席 1,000円
U25(自由席)500円


備考

【新型コロナウイルス感染拡大の予防に関する取り組み】
こちらをご覧ください。ご来場を予定されているお客様におかれましては、ご理解とご協力をお願いいたします。

【座席について】
新型コロナウイルス感染拡大予防対策のため、一部座席の販売を制限いたします。また、今後、政府や自治体によるイベント開催要件に変更が生じた場合は、販売座席や入場者数の上限が変更になることがあります。
 
▼やむを得ない事情により、開演時間、出演者、曲目等が変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
 
≪公演に関するお問い合わせ≫
PMF組織委員会 TEL. 011-242-2211

◆ボッケリーニ(ヴァンデンブロク編):
木管四重奏曲 ハ長調 G. 262 No. 1

 イタリア出身ながら、主にスペインで活躍したボッケリーニ。彼は膨大な数の室内楽作品を遺したが、中でも弦楽四重奏曲は90曲以上が現存。 フランドル地方出身の作曲家オトン・ファンデンブルック(1758~1832)は、これらの中から2組(計6曲)を選び、フルートとクラリネット、ホルン、ファゴットという編成による管楽四重奏に編曲した。当曲は、お洒落で華やかな第1楽章に始まり、穏やかで寛いだ雰囲気に満ちた第2楽章、 ひらひらと舞い踊るようなイメージの第3楽章が連なってゆく。
 
◆ベートーヴェン:
フルート、ヴァイオリン、ヴィオラのためのセレナード ニ長調 作品25

 “アラサー”だった1801年頃の作曲。当時の楽聖は、自身の知名度を上げるため、大衆受けのいいサロン風の音楽を手がけたが、当曲は「七重奏曲変ホ長調」(1800年)と並ぶヒット作となった。第1楽章「エントラータ(前奏)」は、まるで鼻歌を歌うかのように浮かれた行進曲。優美なメヌエットの第2楽章、漫画的な深刻さが逆に滑稽な第3楽章、歌謡的な主題に基づく変奏曲の第4楽章、躍動的な第5楽章を経て、格調高い序奏で始まる最終楽章へ。続く主部は、快活な主題を軸としたロンド形式を採る。
 
◆ブリテン:
幻想四重奏曲 作品2

 19歳のブリテンは、1932年に開かれた作曲コンクールへ、オーボエと3つの弦楽器のための「幻想四重奏曲」でエントリーするも、選に漏れた。しかし翌年、この作品が初演されるや、大反響を呼び、ブリテンは一躍“時の人”となった。曲は4つの部分で構成。冒頭では、弦楽器の行進と、長閑なオーボエが対比を形作り、続く第2の部分では、オーボエと弦が絡み合う。しかし、次の部分では、オーボエが月光のように周囲を照らす。最後の部分では、激しい競り合いの後、再び隊列が近づき、やがて闇の彼方へと去る。
 
(寺西 肇)

お気に入りスケジュール

スケジュール詳細ページで「お気に入りに追加」アイコンをクリックしてください。

閉じる

ページの
先頭へ