HOME > スケジュール > アウトリーチコンサート > 【中止】PMFさっぽろ創世スクエアコンサート

お気に入りに追加

お気に入りに
追加しました

印刷

アウトリーチコンサート
【中止】PMFさっぽろ創世スクエアコンサート

(2021年7月27日(火)更新)
 令和3年7月23日(金・祝)から始まったPMF2021の出演者1名が、新型コロナウイルス感染症に感染したことが判明しました。出演者は、ゲスト奏者として、7月23日(金・祝)のオープニング・コンサート及び7月24日(土)のPMFオーケストラJAPAN公演に出演しました。
 その後、発熱の症状がみられたため、7月25日(日)にPCR検査を受けたところ、陽性の判定となったとのことです。
 濃厚接触者に該当する方はいないことを確認しておりますが、今後の対策として、これまで定期的に実施していた出演者等のPCR検査を毎日実施するなど、より一層、関係者の体調管理に努めてまいります。
 本公演は、オープンスペースでの実施であることから、中止といたします。

開催日

2021年7月29日(木)

時間

開演 18:30 / 開場 18:00

出演者

PMFオーケストラJAPANメンバー
 別府結月(ヴァイオリン)*
 朝比奈真子(ヴァイオリン)*
 阿部幸奈(ヴァイオリン)**
 勝又菜穂(ヴァイオリン)**
立木一真(ヴィオラ)**


演奏曲目

◆シュポア:
2つのヴァイオリンのための二重奏曲 イ長調 作品9-2
 
Allegro vivace
 Rondo. Allegretto
 
◆ドヴォルザーク:
2つのヴァイオリンとヴィオラのためのミニアチュア 作品75a
 
Cavatina. Moderato
 Capriccio. Allegro
 Romanza: Allegro
 Élégie. Larghetto
 

 
≪演奏時間:休憩なし・約30分≫


入場料

無料 自由席(★事前申込は定員に達しましたので終了しました
申込開始日:7月1日(木)10:00~
※未就学のお子様もご入場いただけます。
※お一人ずつお申し込みが必要です。


備考

▼やむを得ない事情により、開演時間、出演者、曲目等が変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

≪お問い合わせ≫
PMF組織委員会 TEL. 011-242-2211

◆シュポア:
2つのヴァイオリンのための二重奏曲 イ長調 作品9-2

 19世紀ドイツの名ヴァイオリニストで指揮者でもあったシュポア。「顎あて」を最初に使った奏者としても知られる。『2つのデュオ・コンチェルタント(協奏的二重奏曲)』は1807年、23歳の時に出版。彼はこの編成のため、全部で14曲を発表したが、いずれも音楽的な愉悦と楽器の特性を生かした書法が両立されている。このイ長調の二重奏曲は、晴れやかなアレグロと、チャーミングな主題を軸としたアレグレットのロンドで構成。2つのパートが旋律と伴奏役を交替しつつ、会話を楽しむ。
 
◆ドヴォルザーク:
2つのヴァイオリンとヴィオラのためのミニアチュア 作品75a

 1887年、46歳だったドヴォルザークの自宅に下宿していた学生は、趣味でヴァイオリンを学んでいた。自分もヴィオラを弾くドヴォルザークは、学生やその師と合奏を楽しみたいと考え、2つのヴァイオリンとヴィオラのための当曲を書いた。曲は、4つの小品(ミニアチュール)で構成。「カヴァティーナ」は、同じ音型の反復をバックに、寛いだ旋律を奏でる主部に、少し感情的な中間部が挟まる。そして、快活な主題に基づく変奏曲「カプリッチョ」、晴れやかな「ロマンス」、悲痛な終曲「バラード」が続く。
 
(寺西 肇)

お気に入りスケジュール

スケジュール詳細ページで「お気に入りに追加」アイコンをクリックしてください。

閉じる

ページの
先頭へ