1982年イスラエル出身。ヴァレンシア自治州管弦楽団の首席ファゴット奏者を経て、2007年、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団に入団。
チェロを学んだ後、ファゴットに転じガド・レーデルマン、マウリツィオ・パエスに師事。エルサレム音楽舞踊アカデミーを卒業した後、ハンス・アイスラー音楽大学(ベルリン)でクラウス・トゥーネマン、フォルカー・テスマンに師事。この間、奨学金を得てベルリン・フィルのカラヤン・アカデミーで学ぶ。アメリカ・イスラエル文化財団からも奨学金を授与されるほか、テルアビブで行われたアビブ・コンクールで優勝するなど受賞も多数。ビロンはウェスト=イースタン・デヴァン管弦楽団のメンバーでもあり、ソリストとして度々共演している。アンサンブル・ベルリン・プラハやベルリン・フィル八重奏団のメンバーとして室内楽にも積極的に取り組んでいる。古楽にも熱心に取り組み、ピリオド楽器を使用し様々な古楽器アンサンブルと共演している。16年からベルリンのバレンボイム=サイード・アカデミーで後進の指導にあたっている。
PMFには、09年以降、2回目の参加。