グラーツの音楽大学で学んだ後、ウィーン国立音楽大学でサモヒルにヴァイオリンを、フューリンガーにヴィオラを学び優秀な成績を修める。1971年にウィーン交響楽団のメンバー、77年からウィーン国立歌劇場のメンバー、翌年首席奏者に就任。80年から2013年までウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のメンバー。室内楽の分野でもウィーン弦楽四重奏団の一員として活動し、各国へのツアーや録音、多くの音楽祭に参加している。05年に室内管弦楽団のウィーン・モーツァリステンを創設し、指揮者としての活動を始める。PMFには96年以降13回目の参加。