HOME > スケジュール > [23]PMFオーケストラ演奏会<プログラムB>

お気に入りに追加

お気に入りに
追加しました

印刷

23ホール(オーケストラ)
プログラム第二弾も名曲が勢揃い!
PMFオーケストラ演奏会<プログラムB>

本公演は終了しました。皆様のご来場、誠にありがとうございました。
★フォトギャラリーはこちら

首席指揮者 準・メルクルとともにお届けするプログラム第二弾。前半は、趣が全く異なりつつも、ともに起承転結のはっきりした聴きごたえのある3曲が集結。プログラム後半、バルトークの傑作「管弦楽のための協奏曲」は、次々に現れる各楽器のソリスティックな旋律と独特な響きをお楽しみください。

準・メルクル © CH Fotodesign Christiane Höhne 準・メルクル © CH Fotodesign Christiane Höhne

PMFオーケストラ PMFオーケストラ

開催日

2017年07月22日(土)

時間

開場 16:30 / 開演 17:00

出演者

準・メルクル(指揮)
PMFアメリカ*
PMFオーケストラ

演奏曲目

◆リスト:
交響詩「レ・プレリュード」
S. 97
レ・プレリュードは前奏曲、の意。「人生は死への前奏曲である」というラマルティーヌの詩がモチーフとなっている。次々と場面が変化していく曲想は、死というよりは波乱万丈の人生、といったイメージ。そしてたどり着く金管楽器のファンファーレの部分(試聴音源14:25~)は、テレビCMなどで聴いたことがあるかもしれない。演奏時間約18分。
 
◆ドビュッシー:
管弦楽のための『映像』から「イベリア」
クロード・ドビュッシー(1862-1918)の書いた全4集の『映像』のうち唯一の管弦楽曲。イギリス、スペイン、フランスそれぞれの民俗的素材による3曲から成り、その第2曲「イベリア」は単独で演奏されることも多い。《街の道と田舎の道》《夜の薫り》《祭りの日の朝》の3部から成る。演奏時間約22分。
 
R. シュトラウス:
交響詩「ドン・ファン」 作品20
リヒャルト・シュトラウス(1864-1949)の出世作とされる交響詩。理想の女性を追い求めて遍歴を重ねる伝説上の人物、ドン・ファンを主題としたニコラス・レーナウの詩による。色彩豊かなオーケストレーションが魅力。演奏時間約20分。
 
 
 ≪休憩≫
 
 
◆バルトーク :
管弦楽のための協奏曲
*
ハンガリーからアメリカに亡命したバルトーク・ベーラ(1881-1945)の晩年の傑作。オーケストラの各楽器をあたかも独奏楽器のように扱うことから「協奏曲」という名が付いており、名人ぞろいのボストン交響楽団の各プレイヤーの優れた腕前を発揮させるために作曲されただけあって、難曲として知られている。PMFアメリカとPMFオーケストラの熱演に注目!演奏時間約40分。
 
  序奏 Introduzione
  
対の遊び Giuoco delle coppie
  
悲歌 Elegia
  
中断された間奏曲 Intermezzo interrotto
  
終曲 Finale
 
 
 ≪演奏時間:休憩含み約2時間≫

入場料
(税込)

S席 5,000円
A席 4,000円
B席 3,000円
C席 2,000円
(各席学生1,000円割引)

備考

▼7月22日(土)公演と23日(日)公演は同一プログラムです。
▼やむを得ない事情により、開演時間、出演者、曲目等が変更になる場合がございますので、あらかじめご了承ください。
▼未就学のお子様の入場はご遠慮いただいておりますが、Kitara館内託児ルームで有料の託児サービスをご利用いただけます。事前にご予約のうえ、コンサート当日会場入口付近に設置する受付までお越しください。
≪お問い合わせ・お申し込み≫
札幌シッターサービス TEL. 011-281-0511

≪公演に関するお問い合わせ≫
PMF組織委員会 TEL. 011-242-2211
 
【入場者数】1,243人

終了しましたありがとうございました

2017年09月22日 更新

お気に入りスケジュール

スケジュール詳細ページで「お気に入りに追加」アイコンをクリックしてください。

閉じる

ページの
先頭へ