バーンスタインが遺してくれたPMFというレガシー(遺産・成果)をこれからも受け継いでいきたい、そんな想いを紡ぐコンサート。今回は、ヴィオラ奏者でもあり、オーケストラや室内楽の指導力に内外で定評のある大山平一郎が指揮者としてアカデミー生の指導にあたるほか、ソリストには2007年に弱冠20歳でロン・ティボー国際コンクール第1位に輝き世界に注目される実力派ピアニスト、田村響を迎えます。