東京生まれ。玉川大学文学部芸術学科ピアノコースを首席で卒業。その後、ジュゼッペ・ヴェルディ音楽院ピアノ科でディプロマを取得、日本人ピアニストとして初めて同音楽院大学院コレペティトゥア科を修了する。さらにボローニャ市立歌劇場付属オペラ研修所で研鑽を積み、コレペティトゥアコースを成績優秀で修了。同研修所では、著名な指揮者や声楽家によるマスタークラスやコンサートの伴奏ピアニストをはじめ、「カルメン」「愛の妙薬」「イドメネオ」「サロメ」等オペラ公演のアシスタントピアニストをつとめる。また、イタリアの国際声楽コンクール「ジャンニーノ・ゼッカ」の公式伴奏ピアニストの他、歴史あるマルティーナフランカ・オペラフェスティバルでもコレペティトゥアをつとめる。その後、拠点をドイツに移し、ドレスデン歌劇場(ゼンパー・オーパー)では3シーズンに渡りコレペティトゥアをつとめる。これまでに、コレペティトゥアをU. フィナッツィ、V. タラメッリ、E. ペッセン各氏に師事する。2011年、五島記念文化財団のオペラ部門新人賞を受賞。現在、新国立劇場オペラ研修所でコレペティトゥアとして後進の指導にあたる。PMFには15年以降、5回目の参加。