2001年からクリーヴランド管弦楽団の第2ヴァイオリンの首席をつとめる。1997年、同管弦楽団に第1ヴァイオリン奏者として入団。11年、13年には同管弦楽団のソリストもつとめた。ソリスト、室内楽奏者としても、北アメリカ、ヨーロッパ、アジア、オーストラリアで演奏している。92年から96年まで、95年にバンフ国際弦楽四重奏コンクールで優勝したエベレスト・カルテットで第1ヴァイオリンをつとめた。クリーヴランド音楽院で教鞭を執り、オーケストラのヴァイオリンのレパートリーを指導している。ケント・ブロッサム音楽祭、ナショナル・オーケストラ・インスティテュート、ニューワールド・シンフォニーでも指導にあたる。PMFのほか、シアトル室内楽音楽祭、ミミア・チェンバー・ミュージック・フェスティバル、コロラド大学音楽祭など多くの夏の音楽祭に参加している。クリーヴランド音楽院を卒業後、イーストマン音楽院を修了。05年にはクリーヴランド音楽院から功労同窓賞が授与された。PMFには06年以降12回目の参加。