スロバキアのブラチスラバ生まれ。ブラチスラバ音楽院でリュドミラ・サヴィツォヴァに師事した後、チューリッヒ音楽院でカトリーヌ・ミシェルのもと研鑽を積み、2003年に高等教育ディプロマを取得。同年、ダルムシュタット州立歌劇場のソロ・ハープ奏者に就任し、ハンブルクで開催されたクサヴィエ・ドゥ・メストレのマスタークラスに参加。04年以降、ウィーン国立歌劇場舞台オーケストラのハープ奏者及びウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の常任客演ハープ奏者をつとめている。スロバキアのブラチスラバ音楽祭をはじめ、プラハ、ブダペスト、ジュネーブの音楽祭などに参加。室内楽にも熱心に取り組み、ソロCD「ハープ・イズ・マイNo. 1」、夫人でフルート奏者のユスティナ・パップとのデュオによる「ハープ&フルート」をリリースしている。98年にウィーンのラインル・アワード国際コンクール、99年にプレスブルガー音楽祭SK国際コンクール、チューリッヒのキワニス音楽賞などこれまでに多くのハープコンクールで優勝している。PMFへは2017年以降2回目の参加。