現在メトロポリタン歌劇場管弦楽団の首席オーボエ奏者をつとめ、ジュリアード音楽院で教鞭を執る。クリーヴランド音楽院、ジュリアード音楽院を卒業。これまでにシアトル交響楽団の首席奏者をつとめ、シカゴ交響楽団、ロサンゼルス・フィルハーモニック、ニューヨーク・フィルハーモニック、サンフランシスコ交響楽団に客演首席奏者として出演。室内楽にも熱心で、フィラデルフィア室内楽協会、シアトル・チェンバー・ミュージック・ソサエティをはじめ、アスペン、ルツェルン、マールボロ、ザルツブルク、タングルウッドの各音楽祭に出演している。カーネギーホールでのメトロポリタンオペラ室内楽アンサンブルほか、セントルークス管弦楽団、シアトル交響楽団、ヴェルビエ祝祭管弦楽団などで協奏曲のソリストをつとめ、高く評価されている。指導者としても定評があり、ヒューズに師事したオーボエ奏者は、クリーヴランド管弦楽団、デトロイト交響楽団、ワシントン・ナショナル交響楽団、トロント交響楽団など多くのオーケストラに在籍している。クリーヴランド音楽院、イーストマン音楽院、マンハッタン音楽院、ナショナル・オーケストラ・インスティテュート、ニューワールド・シンフォニーほか、ポズナン・アカデミー(ポーランド)、ソウル大学(韓国)、トロント王立音楽院(カナダ)、ヴェルビエ音楽祭(スイス)などでマスタークラスを行っている。PMFには初めての参加。