<ジョン・アクセルロッドからのビデオメッセージ


現代曲を含む幅広いレパートリー、革新的なプログラミング、そしてそのカリスマ性で世界各国のオーケストラから常に共演を望まれている指揮者のひとりである。ルツェルン交響楽団・歌劇場の音楽監督兼首席指揮者、フランス国立ロワール管弦楽団音楽監督を歴任し、2015-16年シーズンからはスペイン王立セヴィリア交響楽団音楽監督に就任、ミラノ・ジュゼッペ・ヴェルディ交響楽団首席客演指揮者もつとめている。2009年から2012年にはウィーン・コンツェルトハウスでのウィーン放送交響楽団との映画音楽ガラ・コンサート「ハリウッド・イン・ウィーン」の音楽監督をつとめた。
これまでにベルリン放送交響楽団、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団、ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団、パリ管弦楽団、フランス国立リヨン管弦楽団、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団、ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団、サンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団、トリノRAI国立交響楽団、ロイヤル・ストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団、デンマーク国立交響楽団、オスロ・フィルハーモニー管弦楽団、さらにワシントン・ナショナル交響楽団、ロサンゼルス・フィルハーモニック、フィラデルフィア管弦楽団、シカゴ交響楽団、NHK交響楽団、京都市交響楽団、上海交響楽団等、150以上の世界各地のオーケストラを指揮し、度々再招聘されている。
オペラ指揮者としても意欲的な活動を展開し、ルツェルン歌劇場での数々のプロダクションをはじめ、ブレゲンツ音楽祭での新演出によるクルシェネクの「聖ステファン大聖堂の周りで」に加え、パリ・シャトレ座、ミラノ・スカラ座でのロバート・カーセン演出「キャンディード」、アンジェ=ナント歌劇場でのオリヴィエ・ピィ演出「トリスタンとイゾルデ」の成功は特筆される。
現代作品の紹介にも積極的に取り組み、ミシェル・ファン・デル・アー、アヴネル・ドルマン、マイケル・ゴードン、ヴォイチェフ・キラール、ガブリエル・プロコフィエフ、ヴォルフガング・リーム、カイヤ・サーリアホ、ヨルグ・ヴィットマン等の初演を手掛けている。
レコーディングも数多く、グレツキ「悲歌のシンフォニー」、そして最新盤の「Brahms Beloved」(ブラームスの交響曲全集、クララ・シューマンの歌曲を収録)は特に高い評価を得ている。
1988年ハーバード大学を卒業、指揮をレナード・バーンスタインとイリヤ・ムーシンに学んだ。PMFには初めての参加。