PMF2020は、令和2年7月10日(金)から8月3日(月)までの会期で開催すべく準備を進めてまいりましたが、このたびの新型コロナウイルス感染症は、世界各地で感染が拡大しており、いまだ終息の見通しが立たない状況に鑑み、やむを得ず開催を中止することといたしました。
 
PMFの中心となるPMFアカデミーは、オーディション合格者72名のうち、海外在住者は8割を占めております。また、指揮者や教授陣等のアーティストにつきましても、欧米の方々を中心に構成しております。
これまで、新型コロナウイルス感染症に関する情報を注視しておりました。しかしながら、現在の世界的な感染拡大を受け、諸外国から日本への入国制限措置が強化されているなど、開催予定時期における感染の動向が見通せない状況では、世界各国からアカデミーやアーティストが集まれない可能性があることから、苦渋の決断をいたしました。
 
PMF2020に向けて、オーディションに合格し参加を予定していたPMFアカデミーの皆様、そして何より演奏会を楽しみにしていた多くのファンの皆様の期待に沿いかねる結果となり誠に残念ではございますが、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。
また、ご支援をいただいております企業・団体の皆様、寄付者の皆様、フレンズ会員の皆様、開催に向けて準備を進めていただいておりました関係者の皆様に対し、深くお詫び申し上げます。PMF2020の開催中止に伴うフレンズ会費やPMFオフィシャル・サポートへの寄付金等の取り扱いにつきましては、あらためてそれぞれの方にご連絡させていただきます。
 
私たちは困難なときにこそ音楽の力が必要だと信じています。
ぜひとも来年の夏は、PMFでまたお会いしましょう。
引き続きご支援、ご協力をいただきますよう、どうぞよろしくお願いいたします。
 
 
公益財団法人パシフィック・ミュージック・フェスティバル組織委員会