PMFシニア・アーティスティック・アドミニストレーターとしてこれまでPMFに多大なご貢献をいただいたルイス・ビアヴァ氏(元フィラデルフィア管弦楽団第2ヴァイオリン首席奏者/レジデント・コンダクター)が、3月25日にご逝去されました。
ビアヴァ氏は、2001年以来12回PMFに参加し、長年教授としてアカデミーを指導してきたほか、バーンスタイン生誕90年記念コンサートなどでは指揮者としてもPMFオーケストラを牽引し、その温厚な人柄と音楽に対する深い理解で多くのアカデミー生や札幌市民に慕われました。このたび突然の訃報に接し、悲しみに耐えません。
若手音楽家の育成、地域での音楽普及活動に対するビアヴァ氏の限りないご功績に感謝し、ここに慎んで哀悼の意を表し、心からご冥福をお祈り申し上げます。
 
2019年3月28日 PMF組織委員会

[inst]Biava.jpg[inst]080705-m1062.JPG[inst]080702-m0155.JPG[inst]080705-m1699.JPG