メールが正しく表示されない場合は、こちらをご覧ください。
PMF Founded by Leonard BernsteinPMF MUSIC PARTNER 2020年11月号 vol. 70
 
文芸研究家、墓マイラー カジポン・マルコ・残月さん初登場!〜生誕250周年に寄せて〜墓マイラーのベートーヴェン賛歌

12月16日はベートーヴェンの誕生日。2020年は彼の生誕250周年にあたり、クラシック音楽界にとっても大切なアニバーサリーイヤーです。音楽祭としてはPMF2020で開催するコンサートで楽聖を讃える予定でしたが、今年は“お墓参り”で彼を偲ぶことにしたいと思います。
そこで初登場のゲストをお迎えしました。文芸研究家で墓マイラーのカジポン・マルコ・残月(ざんげつ)さんです!
これまでに国内外の偉人2,500人以上を墓参しているカジポンさん。大のベートーヴェン好きで、奥様との入籍日は12月16日、引き出物はバーンスタイン指揮ウィーン・フィルの第九のCDだったとか。そんなベートーヴェン愛が高まった結果、原稿はミュージック・パートナー初の超長文エッセイになりました。
他でもない2020年の年末だからこそ、メルマガ誌上でベートーヴェンのお墓を訪ね、偉大な音楽家の人生と作品にまつわるエピソードをじっくりと読んでみることにしましょう。

〜生誕250周年に寄せて〜墓マイラーのベートーヴェン賛歌

私をこの世に引き止めたものは、ただひとつ“芸術”であった

『今、運命が私をつかむ。やるならやってみよ運命よ!我々は自らを支配していない。始めから決定されていることは、そうなる他はない。さあ、そうなるがよい!そして私にできることは何か?運命以上のものになることだ!』(ベートーヴェン)

僕はかつて同じ人類の中にベートーヴェンがいたという1点をもって、人間が地球に誕生したことは無意味ではなかったと確信しており、『ダンケ・シェーン(ありがとう)』と感謝の言葉を伝えるためにウィーンの彼の墓を訪ねました。初対面は1989年、21歳のとき。それまでベートーヴェンは存在が偉大すぎて、何かもう人間ではなく、架空のヒーローのように感じていたのですが、墓石を見た瞬間、『ほんとに実在したんだ!』と胸が熱くなりました。彼も僕らと同様に、人生に悩み、喜び、生き抜いて、今は目の前に眠っている…それを全身で感じました。

続きを読む(全文)

30年の時を経て交響曲に昇華させた「第九」

ベートーヴェンが最高傑作の「交響曲第9番」を完成させたのは54歳。1824年の初演はとてもドラマチックなものでした。まずウィーンの状況を説明すると、当時はフランス革命の影響が広がるのを恐れた皇帝が、人間の平等を訴える共和主義者を次々と秘密警察に逮捕させ大弾圧を行なっていました。平民出身の彼は身分制度反対の立場です。文豪ゲーテと散歩中に王室の行列と遭遇し、ゲーテが立ち止まって帽子を脱いで敬礼しているのに、ベートーヴェンは帽子をしっかり被り、『腕組みをしたまま堂々と行列を突っ切った』と手紙に書いています。逆に皇后陛下と王子の方が挨拶してきたといい、ゲーテがどうして脱帽しないのか尋ねると『王子は世界に何人もいるが、ベートーヴェンはただ1人だ』と断じました。手紙には『ゲーテにさんざん説教をした』とあります。彼より21歳も年上で人格者としても知られる大ゲーテにです。

続きを読む(全文)
写真:ベートーヴェンにまつわる場所
1.メトロノーム型のベートーヴェンの墓。中央に竪琴、上部に復活を象徴する蝶と永遠を表す蛇の紋章がある。/2.ドイツ・ボンのベートーヴェン生誕の家。屋根裏の鎧戸が開いている部屋で楽聖は生まれた。/3.ウィーン市内の旧ヴェーリング墓地に遺るベートーヴェンの最初の墓石(左)。隣りはシューベルト。/4.ウィーン中央墓地には多数の音楽家が眠っており、様々な国から墓参者が訪れている。/5.同墓地の楽聖地区。左から、ベートーヴェン、モーツァルト(墓石のみ)、シューベルト。

レナード・バーンスタインが語るベートーヴェンとは

ベートーヴェンのお墓はメトロノーム型をしています。晩年にメトロノームが発明され、耳が不自由でも目で速度が分かることをとても喜んだそうです。「アンダンテ」は「歩くような速さで」とされていますが、歩く速さは個人でまちまちです。メトロノームで速度を指定すれば、作曲家が望む理想のテンポで演奏してもらえます。こうしたことから、彼は楽譜に速度を記した最初の作曲家になりました。イギリスで「第九」の演奏会が成功したことを知らされたベートーヴェンは『メトロノームのお陰』と讃えています。墓石がその形になって彼も喜んでいるでしょう。

続きを読む(全文)
写真:カジポン・マルコ・残月

カジポン・マルコ・残月 Kajipon Marco Zangetsu

Instagram Facebook 公式サイト

1967年大阪府生まれ。文芸研究家にして”墓マイラー”の名付け親。
ゴッホ、ベートーヴェン、チャップリンほか101ヵ国2,520人に墓参している。
信念は「人間は民族が違っても相違点より共通点のほうが、はるかに多い」
日本経済新聞、音楽の友、月刊石材などで執筆活動を行う。最新刊は『墓マイラー・カジポンの世界音楽家巡礼記』(音楽之友社)。NHKラジオ深夜便「深夜便ぶんか部 世界偉人伝」に出演中。次回の放送は12月29日(火)の予定。

若さあふれる熱演に感動した!カジポンさんが選ぶ
PMFオーケストラに演奏してほしいベスト3

写真:カジポン・マルコ・残月

書籍のご案内

カジポンさんの墓参りコラムを収めた『墓マイラー・カジポンの世界音楽家巡礼記』が音楽之友社から発売されました!
墓所までのアクセスや音楽関連施設の情報も掲載。今年の年末は巨匠たちのエピソードと美しい写真を眺めながら、家でのんびり“世界旅行”してみませんか。

ONTOMO MOOK「音楽の友」編 墓マイラー・カジポンの世界音楽家巡礼記/判型 B5判/発売日 2020年11月18日/ページ数 160ページ(オールカラー)/定価 2,000円(+税)/商品ページ(音楽之友社)
Tips /カジポンさんは、ニューヨーク・ブルックリンにあるバーンスタインのお墓も訪れているそうです。そのエピソードも今度ゆっくり聞きたいですね!
 

2020年だからこその歓喜の歌を…
「札響の第9」2020 in hitaru

札響名曲シリーズ2020「札響の第9」

2021年に創立60年を迎える札幌交響楽団。北海道唯一のプロ・オーケストラとして「札響」のニックネームで多くの人に愛されています。その最大の魅力は、雄大な大地を体現するような透明感あふれるサウンドとパワフルな表現力。現在、11名のPMF修了生が札響の団員として活躍しています。
師走といえばベートーヴェンの第九。札幌文化芸術劇場hitaruを会場に、今年も大人気の名曲シリーズ「札響の第9」を開催します。クラシック音楽の醍醐味は、やはりオーケストラの生演奏。2020年だからこその歓喜の歌で1年を締めくくり、明るく元気に新年を迎えましょう!

「札響の第9」2020 in hitaru/出演:飯守 泰次郎(指揮)田崎 尚美(ソプラノ)清水 華澄(メゾソプラノ)村上 公太(テノール)大西 宇宙(バリトン)札響合唱団 ほか / 曲目:ベートーヴェン:序曲「レオノーレ」第3番 ベートーヴェン:交響曲 第9番 ニ短調「合唱付き」 / 日時:12月26日(土)17:00 開演 12月27日(日)13:00 開演 / 会場:札幌文化芸術劇場 hitaru / 料金:S席6,500円 A席5,000円 B席3,500円 U25割(A席)1,500円 スマイル席(当日販売のみ)2,000円
「札響の第9」2020 in hitaru
PMF Connects LIVE! コンサート情報/入場無料 要申込/お申込みは公式ウェブサイトで!/PMF Connects LIVE! 日時 時計台 12月16日(水)19:00 開演 会場 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市時計台2階/PMF Connects LIVE! チ・カ・ホ 日時 12月21日(月)14:00 開演/18:00 開演(同じプログラムで2回公演) 会場 札幌駅前通地下歩行空間 北3条交差点広場[西]/PMF Connects LIVE! SCARTSコート 日時 2021年1月9日(土)13:00 開演/16:00 開演(同じプログラムで2回公演) 会場 札幌市中央区北1条西1丁目 札幌市民交流プラザ2階 札幌文化芸術交流センター SCARTS
コンサートスケジュール
ご寄付のお願い

2021年の夏、ふたたび“音楽の夏”に!
あたたかいご支援をお待ちしております。

ご寄付は税控除の対象となります。
オフィシャル・サポート/現金・口座振替・郵便振込 オンライン寄付/VISAカード、MASTERカード

ご寄付の額(11/19 現在)

4,596,000

ご寄付の額(11/19 現在)

1,839,000

ご寄付をいただいた皆様に心から御礼を申し上げます。
 
本メールは「PMFオンラインサービス」にご登録いただいた方と関係者に配信しています。
●バックナンバーは https://www.pmf.or.jp/jp/mail/ をご覧ください。
●ご自身で登録された方は https://yyk1.ka-ruku.com/pmf-s/ からログインのうえ、登録内容の変更やメールの配信停止を設定できます。
●お問い合わせ・ご意見、関係者の方で配信停止を希望される場合は musicpartner@pmf.jp までお知らせください。

公益財団法人 パシフィック・ミュージック・フェスティバル組織委員会

[Webサイト] https://www.pmf.or.jp/
〒060-0052 北海道札幌市中央区南2条東1丁目1-14 住友生命札幌中央ビル1階
TEL : 011-242-2211  FAX : 011-242-1687
(c) PACIFIC MUSIC FESTIVAL ORGANIZING COMMITTEE all rights reserved.※本メール内容の無断転載を禁じます。
PMF Facebook PMF公式ページ Twitter PMF公式ページ PMF公式 Instagram